太陽光発電<カネカ>

株式会社カネカ

カネカは化成品に機能性樹脂、食品といろいろな部門で暮らしを支える技術を提供している会社になります。その中の一つに「エレクトロニクス部門」があり、ソーラーエネルギー事業部というところでは太陽光発電システムも販売しています。最近は太陽光発電、太陽電池を取り扱っている会社が非常に多いですが、カネカでは「薄膜シリコンハイブリッド太陽電池」というものをウリにしています。

この「薄膜シリコンハイブリッド太陽電池」は、「結晶系」と「非結晶系」の2つを組み合わせた形の太陽電池です。カネカの太陽電池は発電効率が高い「結晶系」と製造コストの安い「非結晶系」のいいところをとる形になります。「薄膜の多結晶シリコン」を開発して非結晶系とハイブリッド構造にしています。非結晶系は短波長に強く、薄膜多結晶シリコンは長波長に強いという特徴があるので、より吸収できる太陽光の範囲が広がるということにもつながります。

この「薄膜シリコンハイブリッド太陽電池」には、さらに4つのメリットがあります。1つめに、見た目がきれいであるということがあります。「瓦一体型太陽電池VISOLA(ヴィソラ)、「粧スレート瓦専用太陽電池SOLTILEX(ソルティレックス)」は見た目の美しさでも評価されています。色調も落ち着いているので、お住まいの外観を損ねず太陽光発電を導入できるようになっています。

2つめに、この太陽電池はそのまま屋根瓦としても使えるというところです。耐風性・防風性を備えているため「VISOLA」は瓦一体型として販売されています。屋根のリフォームと同時に、太陽光発電の導入を検討することができるでしょう。

メリットの3つめは、太陽光発電の大きな敵である影の影響を受けにくいという点です。セルの20%に陰が当たっても、残りの80%で発電できる構造となっているのは大きな強みです。最後に、製品そのものがエコであるということもカネカの太陽電池の大きなメリットとなっています。シリコンの厚みがわずか3ミクロンと、通常の結晶系シリコン太陽電池に比べ60倍から70倍薄いという特徴を持っていますよ。

1980年から太陽光発電の研究をはじめたカネカでは、化学メーカーならではの「薄膜シリコン」を取り入れた太陽電池を作っています。高い技術力が評価され、カネカは第17回太陽光発電国際会議賞を受賞するなど各方面でも評価を受けています。一般住宅用の太陽光システム、公共産業用の太陽光システム両方が評価されています。

太陽光発電一括見積もりサイトランキング

対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社グッドフェローズ 詳細
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社パネイル 詳細