太陽光発電<三菱重工業>

三菱重工業株式会社

「生涯発電力」というコンセプトを掲げ太陽光発電の導入に非常に力を入れているのが、三菱電機そして三菱グループになります。三菱重工では薄膜型太陽電池の製造販売を行っていて、三菱重工の「微結晶タンデム型太陽電池」はその成果として誕生しました。アモルファス電池膜と微結晶電池膜を重ねているのが特徴で、より広範囲の光を吸収し発電効率をアップさせることができるようになりました。

様々な波長の光を効率的に吸収するというのは、現在でも太陽光発電で研究が続けられている非常に重要なテーマです。「微結晶タンデム型太陽電池」では、従来のアモルファス阿多太陽電池の1.3倍という高い発電効率を実現させることができました。さらに高温時の出力低下も少なく済むようになっていて、夏場にはこの電池が効果を示します。三菱重工では太陽光発電と太陽熱利用を併用するハイブリッドシステムも作り、パネルの裏側に空気を流して太陽熱を回収する「エコスカイルーフ」の実用化も行っています。

三菱電機の太陽光発電は、オール電化と組み合わせたスマート電化、「マルチルーフ」シリーズなどが要となっています。やはり総合的な電機メーカー、工業グループが行っている事業ということで環境に関するトータルケアが行えるのが強みです。住宅用太陽光発電システムについては、アフターサービスを行う三菱重工空調システム株式会社や菱重エステート株式会社と連携を行っています。

パワーコンディショナーの高性能さなども、三菱の太陽光発電がもっている非常に大きな長所となっています。その他、セルの間隔を広げることで反射光を効率的に取り込むことやセルの電極数を多くしたことなどで発電量アップを図っています。防汚フレームの採用・10年保証に定期点検といったアフターケアも兼ね備わっているため、導入後も安心して発電を見守ることができるでしょう。

単結晶も多結晶も三菱の太陽光発電では用意されているのですが、多くの発電量を望むのであればやはり200ワット、210ワット出力の単結晶になるでしょう。やはり発電効率が高いモジュールを使うほど、屋根の面積が少なくてもしっかり発電しやすくなるためです。特に日本の住宅は屋根の構造・面積で太陽光発電にとってマイナス要素となることも多く見受けられます。そういった家屋では、やはり高性能・高出力のコンパクトで軽量なモジュールを使うことで屋根の負担を減らしたり発電量を増やしたりする工夫が重要になりますよ。

太陽光発電一括見積もりサイトランキング

対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社グッドフェローズ 詳細
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社パネイル 詳細